トップ > シミ取りクリーム

シミ取りクリーム

シミ取りクリームと呼ばれる製品…その成分や使い方など。

シミ取りクリームにはどんな成分が?

シミができてしまったら、クリームを使おうというのが、シミ取りの定番のようになっています。
女性なら日常の化粧に1つプラスするという感覚で、広く利用されているようです。
シミ取り目的を謳う市販品には、コラーゲン、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、レチノインなど、口コミで話題になっている成分が、続々とクリームに配合されるようになっています。
薬事法の規定もあり、皮膚科などで処方される薬品と比較して、市販品は配合濃度が低くなっているようです。
その分、あまり即効性を求めないほうがよいかもしれません。

シミ取りのためのクリームの多くには、基本的にピーリング剤に含まれています。
すなわち、肌の古くなった角質をはがし、新たに皮膚を再生させようというものです。
体質によっては、クリームを塗ると、肌がヒリヒリするなど、刺激を感じる人もいます。
それだけシミ取りの効果が現れてきている証拠なのかもしれません。
普通は、それを多少我慢してそのまま続けますが、どうしても耐えられなかったり、炎症を起こしたりした場合は、皮膚科に相談しましょう。
また、クリームのメーカーで懇切ていねいな電話サポートをしてくれるところもあるので、気になったら、まず電話をしてみる、というのも手です。

やっぱり注目の成分はハイドロキノン

クリームに配合される数ある成分でも、最近特に注目を集めているのが、ハイドロキノンです。
メラノサイトの活性化を抑え、シミの原因となるメラニン色素の発生を抑え込む性質があり、美白にも貢献すると評判になっているのです。
概して、シミ取りのためには、ナイトクリームとして利用するのが良いようです。
シミ取りケアの施術中は、肌が紫外線に対して無防備の状態にあり、シミができやすくなる危険性もあるのです。
日中に塗って外出する際は、日焼け止めも併用するなど、紫外線対策に万全を期すことが重要になります。

IT用語