トップ > シミ取り レーザー

シミ取り レーザー

医療用レーザーによるシミ取り治療について。

シミ取りレーザー治療は皮膚科で

できてしまったシミは、実に厄介なものです。
特に顔にできたシミは、目立つものだけに、人目も気になってしまいがちです。
シミ取りには、専用のクリームなど、さまざまな方法が編み出されては、実践されてきました。
現在では、レーザーを照射してシミを取る技術が開発され、既に多くの人に利用されています。

そもそも、レーザーは軍事目的で研究・開発が行われてきたものです。
それが今では、シミ取り、視力回復など医療面でも活躍しているのですから、時代も変わりました。
シミ取りにレーザーを照射するのは、れっきとした医療行為です。
治療は皮膚科クリニックや整形外科で可能となっています。

レーザーでシミ取り、かんぱんには効くの?

シミを取るには、通常、シミの部分にレーザーを照射し、軽い火傷のような状態を作り出します。
3日位してかさぶた状になり、やがて剥落して、シミ取り術は完了となります。
シミの状態などによっても異なりますが、レーザーは1~5回照射するのが一般的です。
肌が正常な状態に戻るまでには、1、2か月かかるようです。

もっとも、このレーザー治療という方法にも得手不得手があります。
紫外線が原因となったシミ、ソバカス、老人性色素斑には効果があるのですが、かんぱん=肝斑には無効です。
肝斑は女性ホルモンが関連しているので、間違った治療をすれば、却って悪化する可能性も指摘されています。
また、一度シミが取れたからといっても、油断は禁物です。
無防備に紫外線に当たり過ぎれば、また同じことの繰り返しになります。
日焼け止めなど紫外線対策に努めるなど、レーザーでシミ取りに成功した後も、シミとの闘いは日常の心がけが大切です。

IT用語