トップ > シミ取り 皮膚科

シミ取り 皮膚科

シミ取りのプロと呼べるのはやはり皮膚科のクリニック。どんな施術をしてくれるのでしょう。

シミ取りしたい...皮膚科ならば医師のケアが受けられる

年齢を重ねるごとに、あちこちにできたシミが気になり出します。
もちろん、ごしごし洗えば取れる代物ではありません。
そうかといって、治りようのない老化現象だと諦めるのは早計です。
身の回りには、シミ取り用のスキンケア用品は、豊富に出回っています。
ただ、専門家の手できっちりと治してもらおうというのなら、やはり皮膚科を受診するのが王道でしょう。
自己流のケアと違い、医師の適切なアドバイスと受けながら、シミ取りにまい進していくことができます。

皮膚科でのシミ取り...ハイドロキノンが処方されることも

シミ取りのために皮膚科を受診すると、大抵、塗り薬や内服薬が処方されます。
内服薬としては、トラネキサム酸やビタミンCなどが配合されたものが多いようです。
塗り薬には、今、スキンケアの面で脚光を浴びているハイドロキノンやトレチノイン酸などが配合されています。

皮膚科でのシミ取り...保険は?料金は?

皮膚科でのシミ取りは、美容治療に当たるため、原則として、国民健康保険の適用外となります。ただし、軽症の火傷跡がシミとなったもので、がん化する可能性があり、外科的な処置が必要なものに対しては、保険の適用を受けるケースもあります。
また、最近ではレーザーを利用して、シミを除去しようとする医院もあります。
これも医療行為なので、皮膚科などクリニックでのみ施術が可能となっています。
シミに特殊なレーザーを当て、シミ取りをしていくのです。
こちらも保険の適用外となり、自費治療の形になります。
費用は、シミの状態やレーザーを照射する回数によっても異なってきますが、術後に処方される薬代も含めて、1万円前後から2万円近くというのが、相場となっているようです。

【関連リンク】→美容整形のQ&A

IT用語